流伴の遊行期徒然

アクセスカウンタ

zoom RSS 経済活動と倫理観は基本的に矛盾しているものだ

<<   作成日時 : 2011/06/23 09:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

経済活動と倫理観は基本的に矛盾しているものだ。
つい最近までの魚屋さんが、戸板に魚を並べて冷たい水をかけて
「サー、生きの良い○○だよ、買ってゆきなよ、持って粋なよ」とお客に声をかけていた。

節約を全国民がすればその国の経済活動は衰退してしまう。

次の記事も考えさせられる、
企業が節電すると言うことは「、活動を抑えよ」と言うことだろう。

ほんとうにこれでよいのか?<横浜ルパン>

節電した企業は電気料金割引…経産省が改革案


読売新聞 6月22日(水)10時11分配信

 経済産業省は21日、電力の大口需要家である大企業向けに、節電分の電気料金を割り引くなどの電力システム改革案をまとめた。

 電力使用制限令に比べ、企業の生産への影響が小さくなるように工夫したもので、電力不足を避けた生産拠点の海外移転など、産業空洞化を防ぐ狙いがある。

 改革案は、大規模工場などで、時間帯に応じた最大使用電力を想定しておく。実際の使用量が想定を下回れば、その分を電力会社が買い取る制度を契約メニューに加え、実質的な料金割引とする。

 また、企業が自家発電した電力で余った分については、電力会社が一定割合を卸電力取引所を通じて調達する仕組みを導入する。

 改革案は、今後1〜2年の短期対策との位置づけで、22日に開く産業構造審議会(経産相の諮問機関)の専門部会で提示する。政府が年内にまとめる「革新的エネルギー・環境戦略」にも反映させる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
経済活動と倫理観は基本的に矛盾しているものだ 流伴の遊行期徒然/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる